| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オリンピックの身代金

何度も言いますけど(^◇^;)
当初の予定では30日の土曜日は
B'zのEXシアターこけら落としライブが
当たるハズだったので。。。
見られないなと思っていた

オリンピックの身代金

他に見るものもないし
自分の幼少期近辺の昭和の話は
気になるので見てみました。

そしたらまず
冒頭から始まる昭和の風情に
すっかりやられてしまいましてね
いや、最初はね
あまり好みじゃない役者が多かったので
どうかなぁと思ってたんですけど
最初からそこそこ昭和中頃の
刑事の雰囲気が出ている。
つかみはOK的に見続けていたら
これがまぁ。。。

やられました

当時の学生運動の青臭い話なのかな
と思ってたらこれが全然違う。
1日目は犯人がなぜこの犯行に至ったのか
っていう過程がとてもよく描かれていて
オリンピックという光の影で
必死で生きていた人たちのことを
こんなに世に知らしめることが
今まであっただろうかってことに
衝撃を受けたRUNママです。

時代が変わってもいつも世の中には
光と影があるってのは常で
その影の部分ってのは
影のまま人に知られることはないんでしょうね。

一応、学生運動とか安保闘争とか
知ってる世代の人間なんですけど
何で学生があんなことをするのかってことを
子どもの頃から今まで
理解することができませんでした。
世の中にあった格差ってのを
それほど知らずに育ちましたから。。。
過労で死んだ出稼ぎ労働者の奥さんが
遺骨を引取に東京に出てきて
東京タワーで初めてソフトクリームを食べるシーンは
思わず泣きました。
高度経済成長って
今ではひとくちに言っちゃいますけど
いい事ばかりじゃなかったんですよね。

でもそういうのも
時代が変わっても根本はかわってないんでしょうね。
昔は大学に行けるのは一握りのエリートで
大学に行けば将来有望だったんでしょうけど
今では大学に行っても仕事がなかったり。。。
ってことで
49年前が舞台の話でしたけど

現代にも通じるものがあるな

と感じました。
それこそ今年
東京オリンピックが決まりましたけど
また同じような光と影が繰り返されるんじゃないか
そんなことも感じたりしました。

いやぁ、朝日放送、グッジョブだったなぁ。
某◯☆ステーションっていう報道バラエティーは
いただけないんですけれど
伊達に社会派は謳ってないなと思いました。
こういうことって
忘れちゃいけないことだと思います。

で・・・
松山ケンイチってそれこそ
見ようと思う役者じゃなかったんですけど
内に秘めた思いを淡々と力強く
表現するのがうまいですね。
時間が経つにつれて
犯人を応援している自分がいました。
笹野高史のおっちゃんもよかった。
親に反抗するぼんぼん役のもこみちも
いい味出してました。
『新・剣客商売』ではけちょんけちょんに
文句を垂れた斎藤工もよかったねぇ。
警察のエライさんが官房長の岸部一徳だったのは
またかよ~( ̄∇ ̄)でしたけど
ああいうの、はまってますね。
『相棒』シリーズでも根底に流れてるテーマが
似ているように感じるので
アレはアレでありかな。。。とも思いました。

ただ、惜しむらくは。。。
あれほど丁寧に
犯行に至る過程を描いていたにもかかわらず
エンディングが尻つぼみだった感が否めない。
あれだけの重みのある話を締めくくるのに

え~(*゚Д゚)これで終わり?

つーカンジだったのは残念です。
まぁ、結論の出ない話なので
しょうがないのかなぁとも思いますけど。。。

でもねぇ、
ひとくちにサスペンスでは片付けられない
深い話しでいいモノを見られたなって
思いました。
タイトルは「オリンピックの身代金」ですが
伝えたかったのは

オリンピックの代償

だったのではないかと思ったRUNママです。
ぜひ原作を読んでみたいと思いました。
スポンサーサイト

| サスペンス考 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浅見光彦シリーズ

昔っからのサスペンスの名作シリーズでもある
浅見光彦シリーズは
代々いろんなキャストで続いてきましたが
最初は違和感があるのは否めないところです。
また同時期に違う局でもやってますしね。

まぁ長く続くシリーズものには
世代交代がつきものの今日この頃でごじゃりますが
TBSの浅見光彦がこの度
沢村一樹から速水もこみちに代替わり。
最初は沢村一樹も(-.-)ウーンでしたが
ずいぶん見慣れてしまいました。
TBSの浅見光彦は
時に子どもっぽいところがあったりするのが
代々の路線なんじゃないかと思います。

ところが今回は・・・なんだかねぇ(--;)。
終始いかにもできなさそうなカンジ。
ずっと同じ調子だし、
なんてったって目力が弱すぎる。
他の役者に比べると声に張りもないし
どっちかっていうと
フジの今の光彦を真似してる風な。。。
ムリしてキャラを演じようとしてる感が
否めなかったんですよねぇ。

TBSで残念なのは
浅見家のご家族が光彦より前に一新されたこと。
なんと言ってもお母さんが
加藤治子先生じゃなくなっちゃったのが
本当に残念でなりません。

浅見光彦のお母さんと言えば・・・
TBSは長く加藤治子先生がでしたが
フジでは野際陽子。
あまりに違うお二人ですが
さすがは大女優、野際陽子の母も
これはこれで味があってよろしいんです。

もっと昔にさかのぼりますとね。。。
火サスでもやってたことがあるんです。
光彦が水谷豊で
お母さんは乙羽信子先生。
このお母さんがまた気が強くて
最近のシリーズのお母さんとは全然違うんですわ(^◇^;)。
さらに火サスではお兄さん家族に子どもがいましてね
ちなみにお兄さんは佐嶋与力の高橋悦史

もとい。。。

とまぁそのくらい昔から
浅見光彦シリーズはリメイクされてまして
新しい話がさほど増えてるわけでもないので
昔っからサスペンスを見てるモノにしてみれば
もう伝統芸みたいなもんなんですよねぇ。
しかも『天河伝説殺人事件』なんて
それこそ火サスの時にもやってますし
市川崑監督で映画にもなってますし
だから今回のはねぇ。。。残念ながら。。。
やっぱり最近の役者・・・っつうかタレントさんは
テレビドラマしかやったことないからでしょうかね
どうも芝居がねぇ。。。( ̄~ ̄;)。

この先、山ピーの金田一耕助ってのが
あるようなんですけれど。。。
こりゃもう見ないほうがいいかな(¨;)。

| サスペンス考 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ど~も理解できないっ(--;)

特に他に見るものもなかったので
金曜プレステージの

十津川刑事の肖像3

を見てたんですが・・・

どーも理解できない

だってあたしゃ
もう20年以上も『十津川警部シリーズ』を見てるわけですよ。
それこそ、東京発着のブルートレインが走ってる頃からね。
なぜ今さら、
時代設定が現代のまま
十津川警部が刑事だった頃の話をやるわけ?
何で昭和の話じゃないの?

しかも・・・
西村京太郎シリーズと山村美紗シリーズには
必ず山村紅葉が出るのはわかるんだけど
あっちでもこっちでも
十津川警部シリーズでは部下の北条君なのに
なんで上司なのぉぉぉぉ~!!
あの上司は北条君の母かなんかかぃ?

もうこうなると
十津川省三の話である意味がわからない。
全然違うシリーズでもいいじゃない。
原作がそうなのか
ドラマ化にあたっての演出がそうなのか
ここはひとつ原作を読む必要があるなぁ。。。

ちなみに、
通常の十津川警部シリーズは

TBSでは
警部:渡瀬恒彦 亀さん:伊東四朗

テレ朝では
警部:高橋英樹 亀さん:愛川欽也

すでにそのイメージが定着してるものを
超えるような物ではなかったです。

| サスペンス考 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

税務調査官・窓際太郎の事件簿

ども、
自称2時間サスペンスの女王、RUNママです。

昨日は
小林稔侍主演

税務調査官・窓際太郎の事件簿20

が放送されましたねぇ~。
勧善懲悪サスペンスの決定版
あたしゃこのシリーズが大好きでねぇ。。。

昨日の舞台は沖縄で
いやぁまさにタイムリーでしたねぇ!!

このシリーズの痛快なところは
いわゆる『政治と金』の疑惑を陰の査察官
窓辺太郎が必ず暴くというところです。

政治家の事務所で太郎が言うのですよ

てめぇらに日本の将来を語る資格はねぇ!!

ってね。

あぁ~!!気持ちいいっ!!
アイツやアイツに言ってやりてぇ。。。

明らかな不正をはたらくほどの悪徳政治家ってのは
さすがにいないと思われます。
でも、庶民感覚からみてみると

それってどう見ても非常識

っていうことがまかり通る政界
法に触れなきゃ何でもありってのは

取り締まられなければOK

っていう道交法にさも似たり
世の中およそこんなもんなんですかねぇ。。。

正義

なんてものはどうでもいいことなんでしょうかねぇ。。。
今まで追求していた人たちが
野から与に変わっただけでボロボロと問題が発覚し
当たり前のように言い訳をし
逆に追求されていた人たちが
今までの自分たちのことは棚に上げて
平気でそれを追求する

心が痛まないのか?

そんなところをちくりとついたサスペンスでした。
あの、民事党小山田が生きてたし。。。(‥;)

そして最後には正義が勝つ
これが勧善懲悪のいいところですねぇ。
あぁ・・・すっきりした!!

窓際太郎万歳\(^^@)/

なのに・・・今日の夕方のニュースは
見るに堪えない政治家がゴロゴロと。。。
だからあたしゃ政治がキライです。

| サスペンス考 | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JR貨物

日曜日にBSジャパンで

『鉄道警察官・清村公三郎』

を見ました。
小林稔侍主演の鉄道警察官のサスペンスなんですが
アリバイトリックに使われた列車が

はやぶさ・富士

最近は西日本に行く寝台車もほとんどなくなってしまったから
時刻表を使うアリバイトリックもなくなっちゃって・・・

それでですねぇ・・・
この時刻表トリック自体はあまり凝った物ではありませんでした。
犯人が主人公の友人の元鉄警隊員で
飛行機嫌いということから、
最初から飛行機を使うアリバイトリックを考えから除外していたり
切符を押収して磁気データを調べれば
途中下車したことがすぐにわかるのに最後まで調べていなかったり

これ・・・最初に調べればすぐにわかることだよねぇ。。。

みたいな。
でもひとつ、あっと驚く事がありました。
それはね・・・

JR貨物時刻表
ってのがあるって知ってたぁ?

jikoku0903-3[1]

言われてみれば
普通の時刻表に貨物は載ってない。
へぇぇぇぇぇ~!!これは久しぶりに
すごい鉄道トリックを知ったってもんでございます。
鉄子として知らなかったのは一生の不覚?
こちらのサイトで通販で買えるそうです。
何でも、見方が難しいようです。

| サスペンス考 | 15:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT