FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アウェイ

前々から思っていたけど
よく災害なんかがあったときに
ペットが置き去りにされることについて
母が言っていたこと

しょうがないよね
人が生きていくだけで精一杯だもん


そういう目に遭ってしまった人へ当人なりの
最大の同情と良識を言葉にしたんだと思います。
戦中戦後の混乱期を生き抜いてきた人だから
人が生きていく事の大変さを
身をもって知っているのであろうけど
この言葉にものすごく違和感を感じていました。

その違和感の正体が、この度わかりました

ワンコを亡くした事のある知り合いのほとんどが
正直、親兄弟(を亡くす)より辛い
といっていましたが、実際そうでした。
RUNちゃん・父・こまちの順で亡くなった去年
父の時はこまちは闘病中
親のことなので
いろいろやらなければならないのだろうと
思ってはいたけれど
闘病中のこまちの事がとても心配でした。
かつてRUNちゃんは義母の葬儀に参列しましたが
今回は私たちが仕切ることではないので
それができない事もわかっていました。
病気のこまちには悪いけれど
義理を果たせば神様がこまちを
助けてくれるかも。。。って思って
何度かこまちに留守番をしてもらって出かけましたが
それは叶いませんでした。

その頃の事を思い出してみると
こまちの治療はこの先ずっと続くと思っていたから
体調が安定しているのをいい事に
私も日々残業をしたりして
残された時間は少ししかなかったのに
留守番の時間を長くしてしまった事を
とても後悔しています。
今でも仕事中にふとそんなことを思い出して
ものすごく悲しい気持ちになる日もあります。

そして思い出すんです。
こまちに留守番をしてもらって
銀行に手続きをしに行きたいといった
母に付き合った時の事と四十九日の事
銀行回りは「親のことなんだから私にも何かをさせたい」
という事だったと思います。
相続の手続きは難しいのは最初からわかっているけど
結局1日ドタバタと騒いだあげく
後になって土地の事と一緒に
司法書士に任せる事になり
その1日はただ時間を費やしただけになりました。

四十九日は実家でやりましたが
その週は抗がん剤治療をしたばかりだったから
体調がとても心配な時でした。
それでもこまちを連れて行く事はできませんでした。
その輪の中に入れろということじゃない。
実家に部屋はいっぱいあるんだから
せめて留守番の時間が短くできるように
別室にいさせてくれてもいいじゃない
って思ったけど。

アウェイなんだな。。。

ってのを実感。
それでもこまちが亡くなったときには
一応母に連絡をしたら身軽になっていた母は

「行く(行ってやる)」と言って
でも、ひとりでは途中までしか行けないから
どこそこまで迎えに来てくれ。。。と

え?何をしに来るの?
この上また、翌日にはお別れしなきゃならない
こまちの側を離れなきゃならないようなことを
させるつもりなの?

ってこの時はっきり言えばよかったのかな。
翌日やってきた母は
こまちの事にはたいして触れず
しゃべりたいことをしゃべり倒して
帰りもまた何だかんだ言って面倒だから
駅まで車で送っていきました。

恐らく本人は悪気はなく
純粋に私の事を心配しているのは
わかっているんだけれど
何でこんなに気持ちを逆なでされるような
いたたまれない気持ちにならなきゃならない?
それから実家とは距離を置いています。

最初の件にもどって違和感の正体
それは

私達にとって、RUNちゃんとこまちは

家族

最初のあの言葉だって
私は「家族」を置き去りにはできないと
思うけれど
母から見れば所詮「動物」でしかないってこと。

家族、それも子供みたいなものでした。
その辺が親兄弟より辛いってことに
つながるんじゃないかと思います。
ワンコ飼ってないお友達は心情を察して
「子供を亡くすような悲しさなんやろな」
って言ってくれたけど
身内は遠慮も気遣いもないし
まして80過ぎの年寄りとなると
自分の頭の中にある事以外は理解できないし
自分は正しい事をしているという確信がある。
いつまで経っても子供は自分より下の立場
そういうスタンスで心を踏み荒らされる。
だから、今はまだいろんな要求には応えられない
と言ってはあるんだけど。。。

↑な事があって気がついたけど
こんな感覚は今に始まったことじゃなく
子供の頃からずっと感じていたこと。
その積年の思いがこまちの事をきっかけに
爆発したんだと思います。

そんなアウェイの地
明日は父の納骨と一周忌に行くんです。
AJPC。。。行きたかったな。
毒吐きました、スイマセン(^^ゞ。
スポンサーサイト

| 浮き世の話し | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終わった途端に・・・(--;)

本場所終わった途端に猫も杓子も

日馬富士、日馬富士

って・・・(--;)。

仕事場行っても

見ました?

って聞かれるんだけど
あたしゃその手の話題は見てない。
だって、あんなに騒ぎにするほど

世の中の人
相撲に興味無いでしょ


あれは相撲の好きな人が見るものじゃなくて
騒ぎが好きな人が見るものだよ。
それよりもさぁ

安美錦の涙の敢闘賞

のほうがよっぽどまっとうな話題だよ。

24174325_1976129845937714_2398761583226312270_n.jpg

いや~もらい泣きした。
伊勢ヶ浜勢、照強も負け越しちゃって
初場所は幕下かも知れない。。。(T^T)
と振るわない中、最年長ががんばった。
中高年には元気の出る話じゃないか!!
こんないいこともあったのにね。
まったく世の中って騒動が好きだよね。

| 浮き世の話し | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3・11

5年前の今日もお休みの金曜日
今日と同じようにそろそろ整骨院に行こう
と思った頃に
今まで感じた事のない揺れが。。。
こりゃとんでもない事が起こった
と思って消したテレビを点けました。

あの日もあたしはテレビの前にいた
確かにあの日
あたしにもそれなりの大変な事はあったけど
あの現実はテレビで見るだけの事だった。

5年というのは節目なのかも知れない。
あの日、テレビのこっち側にいた
人間から見ればね。

Twitterのフォローワーさんに岩手の人がいて
その人の今日のツイートには

震災5年目。震災って3月11日だけじゃないんだよね。
この5年間の1826日、震災を生きてきたんだよね。
まだまだ日々が震災の中なんです。それが5年過ぎたんです。
早く、「津波が、あったったんだよなぁ~」って過去形で言いたいです。(笑)

とありました。
毎年この日が来ると思います。
逃れようのない現実の中で
必死に生きている人達がいて
それを傍らから見ている人間が
3月11日にいろいろなことを行う。
少なくとも傷付いた人達の心を
またえぐって傷つけることがないように
あたしは何もできないけれど
それだけはやりたいと思う。

| 浮き世の話し | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

社会の中で生きる

あたし達は人間だから産まれた時から
人間社会の中でそれなりのルールに沿って
生活しているので
社会生活に必要な感覚ってのは
自然と身についているものだと思われます。
そう、言葉を覚えるのと同じように。。。

とはいえ、人間の中にも
世の中で人と付き合っていいくための
通年とかをきちんと教えてもらえない人って
いますよね。
周りの大人は教えたつもりだったかも知れないけど
身につけられなかったっていう人もいますよね。

人間だってそうなんです。
それがワンコとなると
そもそも生きる世界がワンコの世界ではなく
人間の世界。
ワンコのルールではなく人のルールで生きていく。
それをきちんと教えてもらえないワンコが
人間の世界にひとりで出ていったらどうなるか。。。

それが昨日ニュースを賑わわせた
千葉のワンコだったのではないかと思います。
yahooニュースの動画見てみると
飼い主に襲いかかったという防犯カメラ映像
どうもワンコ的には飼い主にしっぽ振って
遊んでいるつもりのようにしか見えないんですよね。
そんな風にしか気持ちを伝えられないような環境で
育てられたあげくに射殺されるなんて。。。

まぁ今の日本では仕方ないことだなとは思います。
でも、きちんと飼われていれば
そんな事にはならなかっただろうにと思うと
本当にあのワンコがかわいそうで。

例えばもっと早く
ひどい環境で飼われている犬がいると
それなりのところに通報して保護されていれば。。。
とか
ワンコの扱いがシロートの警察官ではなく
それなりの人が捕獲に行っていれば。。。
とか

でも、これが日本の現状なんでしょうね。
ウチのワンズは大きいので
吠えただけで怖いと思う人がいて
警察に通報されたら
下手すりゃ殺されかねないってことです。

あーしかし
被災地では自衛官がワンコの命も
救ってくれているというのに
いったいどういうことなんでしょうね。
少なくとも、あのワンコに罪はないと思います。
人間だって
責任能力のない子供が罪を犯したら
保護者が責任を取るっていうのに
何であの子は飼い主の責任を負って
撃ち殺されなければならないのか
人間社会の中でワンコを飼う者としては
そんなかわいそうな目に遭わせないように
よりいっそう気を付けて行かねばと思います。


追伸
これはあくまで私感ですので
反論コメントは一切受け付けませんので
悪しからず

| 浮き世の話し | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お天気が変だ・・・(--;)

昨日辺りから
お天気下り坂のRUN地方ですが
今朝、目覚ましのultrasoulが鳴った時に
外を見てみたら・・・
ベランダの欄干に水滴が付いてない
つーことは雨は降ってないので
お散歩サボるわけにゃいかん。。。

IMGP0565.jpg

ってこまちと早朝散歩に出発したら
ポツポツ降り始めました・・・(--;)。

IMGP0566.jpg

久しぶりにどんよりな朝
ですが、結局今日もそれほど降らず
この辺に雨が本格的に降ったのは
台風が来た日曜日が最後だったんじゃないかな。

それにしても昨今のお天気は
まるで雨季と乾季。
RUN地方はさながら乾季といったところですかね。
これが1度崩れたら
しばらく崩れっぱなしになるのかな
なんて思うと憂鬱です。
想像しただけでも憂鬱なんだから
実際にそんな目に遭った上に被災された方は
どれだけ憂鬱で不安だろうかと思うわけです。

先週の広島だけじゃなく
昨日は北海道でも
50年に1度とやらいうモーレツな雨が
降ったそうじゃないですか。
そして思い起こせば
このおかしなお天気は今に始まったことじゃない。
冬の東京の大雪だって40年ぶりだの何だのって
そんなのが今年に入ってから
ほぼずーっと続いてるようなもんじゃないですか。

だからねぇ
RUNちゃんの塩梅がなかなかよくならないのも
こんな荒れたお天気が続いてるなら
しょうがないのかなぁ。。。(¨;)
とか思ったりもするわけです。
いったいいつになったら落ち着くんでしょうか
お天気もRUNちゃんも。。。

IMGP0569.jpg

今日はどんよりお天気ですが
RUNちゃんの塩梅はかなりよろしいです。

しかし雨はどこにでも降るもんだから
怖いですよねぇ。
人ごととは思わずに
いざって時の事を考えておかないと。
特にそういう時って
あたし1人の時に起こりそうですしね( ̄∇ ̄)。

1日でも早く
被災された方々が普通の生活に戻れますように。

| 浮き世の話し | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT