2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ごはんもの

ごはんもの

と聞いたら・・・
当然思い浮かぶのは

親子丼とかカツ丼とか
中華なら天津飯とか
はたまた野菜炒め定食とか
そーいったカンジでしょ。

でもねぇ。。。
それを言ったのが

お武家様なんですよっ!

しかも何やら深刻そうに
八州周りとかお旗本の三男坊と名乗る上様とかが。。。
ビックリしますよぉ~。
その会話の内容は全然食べ物に関係ないことだし。
ついついヽ( ̄m ̄*)ププッとなります。
だって上様が「ごはんもの」っていうんだからねぇ。。。
おなか空いちゃったの?って

その正体は何かというと

御判物

ごはんもの、または、ごはんもつ
『判物』に御をつけたもので

室町時代から江戸時代にかけて出された武家文書のことで
将軍、大名など位の高い者から下の者に出された
差出人の花押の押されたものをさす。
byウィキペディア

ちゅうことでございます^_^;。
モノがわかっても
やっぱりおかしいっ(^∀^)ノ_彡☆ばんばん
日本語っておもしろうございます。
スポンサーサイト

| 時代劇考 | 18:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT