FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

剣客商売

藤田まことが亡くなって約2年半
剣客商売スペシャルの最後の作品となったのが

道場破り

でした。
あれからも約2年半
この度キャスト一新で
スペシャル番組が放送されましたが・・・
えぇ、まさに先ほど終わったんですが・・・

剣客商売がドラマ化されて
藤田まこと版ってのは3回目のリニューアル
ってことになるんですが
時代劇専門チャンネルで
前の作品ってのも見たことがあります。

初代は小兵衛が山形勲、大治郎が加藤剛
これは俗に『加藤剛版』と呼ばれていて
主役は小兵衛ではなく大治郎だったようです。

次は中村又五郎さんが小兵衛を演じてらして
これは『中村又五郎版』で小兵衛が主役。

初代は何せ映像が古くて
見づらいなって感じはありましたが
それほど違和感もなく
中村又五郎版は味があっていいなぁ~と思いました。

んで、毎週時代劇専門チャンネルで
池波正太郎アワーを見ているあたしとしては
剣客商売のドンズバは藤田まこと版です。
途中、大治郎と三冬のキャストが変わっても
描かれる人間模様はシリーズを通して変わることなく
池波正太郎ワールドを感じる作品でした。

そしてこの度のキャストリニューアル
どの時代劇も今後世代交代は
なくてはならないけれど深刻な問題だと思いますが
今回の放送を知ったときからあった一抹の不安

若い役者に剣客らしい殺陣ができるのか

ってことでした。
そりゃね、今と昔は環境が違うから
昔の役者と比べちゃかわいそうですが
それにしてもまず立ち姿がなじめないっての
多いぢゃないですか。
若い・・・と言えるかどうかですが
最近の役者さんでは原田龍二とか山口馬木也とか
チャンバラもそこそこ上手ですよね。
今回の大治郎役の役者は知らない若者でしたが

やっぱりダメじゃん!!

だってねぇ
最初の田沼家御前試合では
負ける相手のほうが
気迫といい腰の入った立ち姿といい
大治郎より上だったんだもん。
なに?あのかっこつけの殺陣は。

大治郎もさることながら
今回の最悪は三冬でした。

全っ然イメージ違う

男勝りと生意気とは違うと思うですよね。
あれじゃ井関道場四天王の風格ないです。
そんでもちろん殺陣もダメ。
剣客って醸し出す気迫も大事だと思うんです。
あんなじゃ脇役のほうがよっぽど気迫がありますよ。

ですが、北大路欣也の秋山小兵衛は
さすがは大御所だなと思いました。
ちょっと風格ありすぎでしたが
刀を構えたときの腰の入り方とか
長年時代劇をやってきた役者は違うなぁ~と。。。

もしかしたらこれって
今までのキャストで小兵衛だけ変えても
いけたんじゃないか。。。とまで思いました。

さらに一番感じたのは
今まで・・・ってゆっか今でも・・・見てきた
剣客商売に漂う池波ワールドってのが

全然感じられなかった

んです。。。
ぐっと心をつかまれるような
人の世の機微というか
そういうのが全然なかったんですよねぇ。
原作を読んでないので今までのと今回のと
どっちがより原作に忠実かはわかりませんが
藤田まこと版だと秋山、田沼両親子の絆とか心模様とか
そういうのがすごく感じられた優しさのある話でしたが
大治郎にしても小兵衛を尊敬しているのかどうか
わからない態度だし
おはるにはため口きくし
三冬は終始生意気だし
ただストーリーを追っただけってカンジで
事に直面したときも緊迫感は感じられないし・・・

と、一番気がかりだった

2時間文句を言い続けながら見る

という仕儀に立ち至りました。
まぁね、
「SPACE BATTLESHIP YAMATO」ほどダメじゃなかったけど
やっぱり新しく時代劇をやるとなると
こうなってしまうんですかねぇ。。。(--;)。
今後、続編をやるならば
若い役者さんにはもっと殺陣を上手になってもらわないと
それこそ時代劇存亡の危機だと思います。

サスペンスでも時代劇でも
日舞の下手な芸者とか
やっとうの下手な剣術使いとか
見るに耐えん。。。

先入観を持って見ないようにしようと思ってましたが
それにしてもがっかりでした。
スポンサーサイト



| 時代劇考 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://runmamakomachi.blog64.fc2.com/tb.php/1535-52b8b31c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT